B-3 16:10-16:40
離陸するファクトリーAR - 業務利用の現在地と今後の課題
PTCジャパン株式会社
製品技術事業部 プラットフォーム技術本部
本部長 執行役員 山田 篤伸 様
拡張現実(AR)はこれまでゲームなどのエンターテイメントやマーケティングなどの分野での利用が進んでいました。現在、生産や保守現場へのARの本格導入の段階を迎えつつあります。本セッションでは実際のユースケースに触れながら、ARが効果の出せる業務の適用領域やさまざまな課題に関してご紹介します。